1. TOP
  2. TOPICS
  3. キレイの知恵袋
  4. おしゃれの手抜き、丸見えになっていませんか?こだわりのメンズインナーで対策を!
おしゃれの手抜き、丸見えになっていませんか?こだわりのメンズインナーで対策を!

おしゃれの手抜き、丸見えになっていませんか?こだわりのメンズインナーで対策を!

美容

男性の着こなしで、時々気になる「下着のチラ見え」。髪型やファッションは気合いを入れてキメているのに、インナーがちらっと見えた瞬間、残念な気持ちに…。
今回は、男性へのアンケート※に寄せられた「おしゃれのがっかりポイント」とその対策をご紹介。
人の振り見て我が振り直せ、ビジネスシーンやプライベートでの着こなしは抜かりのないスタイルにこだわりたいですね。

※ワコールWEB調査(集計期間 2018年10月12日-10月18日 対象男性 総計 1,866人)
※コメントはすべて個人の感想です。 ※ 機能の表れ方には個人差があります。

ここが残念!インナーの3大がっかりポイント

ここが残念!インナーの3大がっかりポイント

まずは、「言われてみれば、こんなこと自分もあるかも」と思わずうなずいてしまう“あるあるエピソード“をご紹介します。

①シャツ下のインナーがスケスケ
「ワイシャツの下に黒のTシャツを着ているのはちょっと…。」(40代/販売)
「パリッとした白シャツにインナーのラインが透けて見えると残念に思う。」(40代/エンジニア)

上着を脱いだら、シャツの下からインナーの色が透けていたり、ラインがくっきり見えていたりしていると、せっかくの着こなしも、ちょっとがっかりしたものに…。

②ノーネクタイの襟元から丸首シャツがちらり
「ワイシャツの下に丸首のTシャツを着ているのが襟元から見えているとき、もう少しおしゃれにできないかなと思う。」(50代/会社員)
「襟元からインナーの丸首の襟が見えるとだらしなく感じてしまう。」(50代/会社員)

目線と同じあたりにあるからか、つい目がいってしまう。インナーがちらりと見えているだけで、残念な印象…。

③パンツの色やラインがくっきり
「パンツスーツに下着のラインが出ているのは、あまり感心できません。」(50代/製造業)
「白のパンツに、派手な柄のパンツが透けていて驚いたことがあります。」(40代/営業職)

スタイリッシュにキメているのに、かがんだ拍子にパンツの形や柄が浮かび上がって…。本人は気がついていないだけに、後ろ姿がカッコ悪いと、ちょっと損をしてしまいそうですね。


そんな、惜しいスタイルにならないよう、上手な組み合わせ方を探っていきましょう。

インナーの透け対策の基本はこの一枚

|ワコールメン 薄軽暖NUDY 半袖シャツ
ワコールメン 【アウターにラインが出にくい】薄軽暖NUDY 半袖シャツ
白シャツに透けにくいベージュカラーで、さらに、首、袖、裾に段差がないデザインのインナーなら、シャツスタイルがソツなくキマります。寒い季節にうれしい保温効果も◎

襟元対策には深めのVネックをセレクトして

|ブロス 深V首半袖シャツ
ブロス 深V首半袖シャツワイシャツの襟元から見えにくい深めのVネックのインナー。肩からウエストにかけてシェイプされた逆三角形で、すっきりと着こなせるスマートなデザインです。銀イオンの力で防菌防臭効果もあり、ニオイが気になる人にうれしいインナーです。

パンツもきっちり選んで後ろ姿もカッコ良く

|ブロス ボクサーパンツ(前閉じ)
ブロス ボクサーパンツ(前閉じ)透けにくいベージュカラーで、裾部分に縫い目がないフラットなパンツ。色やラインが出にくく、スーツや白のパンツもキレイに着こなせます。ローライズ丈なので、腰からパンツがチラリと見える心配もなく、おしゃれの幅が広がりそうな一枚です。


さらに、スーツとの相性が良いこんなアイテムも!
|ワコールメン レギンス
ワコールメン 【男もレギンス】レギンスすべりが良く、もたつきにくいので、スーツとの相性バッチリなレギンス。裾部分は縫い目がないので、ラインが出にくく、スマートな着こなしに一役買ってくれることうけあいです!


いかがでしたか?
ファッションに合わせてインナーを上手に選び、スマートな着こなしを楽しみましょう!