CLOSE

ITEM SEARCH

  1. TOP
  2. キレイの知恵袋
  3. 女性なら、一度はつけてみたい♡「トレフル」が女心をときめかせる5つの理由
女性なら、一度はつけてみたい♡「トレフル」が女心をときめかせる5つの理由

女性なら、一度はつけてみたい♡「トレフル」が女心をときめかせる5つの理由

下着の知識

ワコールのプレステージブランド「トレフル」をご存じですか?
その驚くほど繊細でエレガントなデザインは、きっと女性ならだれもがときめかずにはいられません!
一体、どんな人がどうやってつくりあげているのでしょうか?デザイナー・堀田とパタンナー・内野に、トレフルの舞台裏をじっくり聞きました!

40年間愛され続けるラグジュアリーブランド

40年間愛され続けるラグジュアリーブランド

― 「トレフル」はいつ頃、どのようなコンセプトから誕生したんですか?

堀田 トレフルは2017年に40周年を迎えたブランドです。誕生以来、世界の厳選素材を使い、ワコールの誇る縫製技術で仕上げた『美しさの芸術』と言えるインナーウェアをお届けし続けています。
すべての女性が持つ美しさへの夢や憧れをかたちにする、ラグジュアリーブランドです!

デザイナー・堀田デザイナー・堀田

内野 トレフルは、デザインとパターンライン、どちらの美しさにも自信があります!
ブラジャーやボトムなどは女性のからだを美しくメイクするもの、ランジェリーは女性のからだを美しく見せるものですよね。
商品を手にとったときも、そして身にまとったときも、トレフルならではの美しさを感じていただきたい。その気持ちを大切に持ち続けています。

パタンナー・内野パタンナー・内野

ときめく理由① 最高級のレースを贅沢使い♡

堀田 トレフルでは、日本国内はもちろん、フランスやイタリアなど世界中の厳選された素材を使用しています。そして、とにかくレースにこだわりがあります!
レースのデザインについては、海外の展示会などでドレスやアウターに使用されるレースからヒントを得ることが多いのですが、ドレスと下着とでは厚みや面積が全然違うので、ドレスの大胆なデザインをインナーに落とし込むにはどうしたらいいか、試行錯誤しながら一からデザインを描き直します。
そして信頼のおけるレースメーカーさんと一緒に開発を行なって、理想のデザインに仕上げていきます。1年や2年をかけて刺繍に使う糸から開発することもあるんです。
そうやってできあがるレースは本当に繊細で愛らしくて!最初はサンプルをつくるときも「本当に切っちゃっていいの…?」と戸惑ったほどです(笑)。
でもこんなに高級な生地やレースを使っているのは、やっぱりトレフルならでは。いつも「かわいい!」「キレイ!」と自分でも楽しみながらデザインをしています。

たとえば65グループでは、編みレースの中でももっとも高級なリバーレースを使用しています。リバーレースは、とても細い糸をいろいろな模様に撚り合わせて編んでいて、繊細で優美な表情が特徴です。そして、その美しさから“レースの女王”とも呼ばれています。65グループのブラジャーは、カップにこのリバーレースを使用しています。肌に透けてレースが浮かび上がることで、レースの繊細な美しさがより引き立つデザインになっているんです。
バストを見下ろした時に、思わずうっとりするようなシーンを思い浮かべながらデザインしました。
「65グループ」では最高級のリバーレースを使用

ときめく理由② とにかく細部まで美しい!

堀田 また、コサージュやアップリケについても、一つひとつ手作りで丁寧に仕上げています。
縫い目がわからないように短く縫いつけていますし、配置や重なりも、美しく仕上げるためにさまざまな工夫を凝らしています。

内野 実は縫製のステッチまでトレフルオリジナルの規格があり、縫製担当が一つひとつ丁寧に縫い上げてくれているんです。
というのも、トレフルには、通常より細かな縫製やアイロンがけの工程など、海外の大量生産では難しい技術が求められます。
同じミシンを使っても、縫製者の腕次第でラインの美しさが全然違ってくるんです。
そこで、縫製マイスターの資格を持つスタッフをはじめとした縫製チームがあります。
その技術のプロたちとシーズンごとに集まって打ち合わせをするんですが、それぞれ高いプロ意識とチャレンジ精神を持っているので、意見がぶつかるときもあります。
でもお互いが納得するまでしっかり話し合い、一つのものをよりよく、より美しく一緒につくりあげていくという気持ちを共有しています。
とにかく細部まで美しい!
内野 また、デザイナーと技術や縫製との橋渡しも、パタンナーの重要な仕事だと思っています。たとえば、最初につくる基本サイズのパターンラインが1㎜違うだけで、サイズ展開をしていくと大きくデザインがガタついてしまったり、縫製のパターンに影響してくることもあります。そうならないためにも、パターンは常に1mm以下の世界で検討しています。1mmってとても大きいんです!

堀田 まさにパターンはラインが命!ですよね。
サイズが大きくなると、コサージュの配置のバランスなども変わってきます。
そうすると縫製も変わってくるので、「このサイズからは縫製の順番を変えよう」と試作の段階から話し合って決め、サイズごとに手順を変えたりします。
こうしてプロが集まり、一つひとつのディテールにこだわってつくりあげることが、トレフルらしい品格につながっていると思っています。
見れば見るほど、細部までこだわりを感じてもらえるはず!ぜひ手にとって、その美しさに酔いしれていただきたいです。
デザイナー・堀田 パタンナー・内野

ときめく理由③ 女性の気持ちをわかってくれてる!

堀田 トレフルは、誕生してから40年以上になりますが、その間に女性のライフスタイルや価値観も変わってきています。そのひとつが、働く女性が増えたこと。そして、働くシーンにフィットするように、ランジェリーにもより快適で、より使いやすいことが求められるようになってきました。
そこで65グループは、「毎日頑張っている女性のワードローブに上質を与えるランジェリー」をコンセプトにしました。たとえば、ブラジャーは軽くて楽なつけごこちで、お洋服にもひびきにくいように縫製を工夫しました。また、キャミソールやスリップは、動きやすいようにストレッチ性のある織物を使いました。もちろん、トレフルらしい、見た目の美しさにはこだわりながらも、より快適性や使いやすさを感じていただけるように機能性を盛り込みました。忙しい毎日でも、上質なランジェリーを身につけることで、少しリッチな気分になって心が癒されたり、自分に自信が持てるようになれば…と願いを込めています。
「65グループ」のブラジャー

ときめく理由④ コーディネイトの楽しさと美しさ♡

堀田 また、トレフルでは「もっと気軽にランジェリーを楽しんでほしい!」という想いから、コーディネイトしたときの美しさや楽しさも追求しています。
でも、ランジェリーっていつ着たらいいのかな・・・と少し遠い存在のように感じている方は少なくないと思います。
私もその一人でしたが、最近は毎日ランジェリーを着ることが楽しくて仕方ないんです。
それは、トレフルのランジェリーをつけると、ドレスをまとっているようなうっとりとした気分を味わえるから。
同じグループでコーディネイトすると、それぞれが映えてとっても華やかになるように考えていますし、美しい透け感の繊細なレース、胸もとに散りばめられた贅沢なアップリケ、なめらかな肌ざわりや美しいシルエット・・・鏡を見ると、いつもより華やかな自分に、思わず笑顔がこぼれます!

たとえば、58グループのスリップは、ふんだんのアップリケと、刺繍を施した贅沢な総レース仕立てで、ドレスのようなアウターライクなデザインです。プライベートな時間にこそ、優雅な気分を味わっていただきたいなという願いを込めました。
また、このスリップは、インナースリップとセットになっています。インナースリップには、シンプルなサテン地にリバーレースをあしらっているので、重ねて着用することで美しい1枚のドレスができあがります。インナースリップだけでも使いやすいデザインですので、お手持ちのワンピースのインナーとしても活用いただけますよ。
「58グループ」のスリップ

ときめく理由⑤ デザインテーマがロマンティック♡

堀田 2019秋冬のシーズンは、宮廷文化が花開いたヨーロッパにおける、豪華で煌びやかな世界をテーマにしています。広大な敷地に建つ宮殿や、整えられた庭園で暮らす王妃は、華やかな生活を送っていた裏で、様々な悩みや葛藤を抱えていたり、出産後はロハスな生活を始めたり…。時代は変わっても、現代の女性の姿と重なるところがとても多いのではないでしょうか。そこで、古き良きフランスの伝統的なエッセンスを取り入れた、さまざまな大人の女性の日常を満たす上質なランジェリーをお届けしたいと考えてデザインしました。

たとえば、57グループのイメージは「宮殿の庭園に咲き誇るバラの花」。
トレフル 3/4カップブラ
透け感のあるシフォン生地をくり抜いて刺繍を施したレースを利用しています。
やわらかな風に揺れるバラをランジェリーの裾に贅沢にあしらうことで表現しています。動くと光を通して美しい透け感が味わえる贅沢なレースです。

58グループのイメージは「舞踏会」。
トレフル 3/4カップブラ
豪華なシャンデリアや鏡のキラキラしたお部屋での舞踏会がテーマです。100枚の花弁を持つバラ「ロサ・センティフォリア」をモチーフにしています。

59グループのイメージは「王妃の寝室」。
トレフル 3/4カップブラ
寝室のカーテンやソファに使われるベルベットを使って、家具などに装飾されたロココ調のモチーフを作りました。
さりげなく輝く糸をいれたリバーレースの繊細さと、重厚感あるベルベットのコントラストが、身につけるととても美しいデザインになっています。

61グループのイメージは「自由に咲く可憐な小花」。
トレフル 3/4カップブラ
可愛らしさの中に控えめながらも贅沢なレースを用いた、癒しを与えられるようなやさしい雰囲気がポイントです。

― シーズンテーマもグループごとのテーマも、とっても素敵!女心がくすぐられます…♡

これからのトレフルも、ときめきをお約束!

デザイナー・堀田 パタンナー・内野

― 今後、トレフルからどんな世界観を発信していきたいですか?

堀田 とにかく、トレフルらしい世界観をより強めて発信していきたいと思います。
トレフルは本当に見れば見るほど繊細で、レースや縫製の美しさ、丁寧さに引き込まれるブランド。そして、つけた自分も可愛くエレガントに、キレイになれるブランドです。
見ているだけでも満足を感じていただけると思いますが、ぜひつけてみてください!そして贅沢な時間、高揚感を味わっていただきたいです。
大切なのは、伝統を大事にしながら、時代の気分に合わせて常に進化していくこと。そして常に驚きと感動をご提供すること!
手にとって美しい、着るともっと美しく輝かせる。そんなファンタジックな夢のあるトレフル、みんなが憧れるトレフルであり続けたい思っています。
50年後も100年後も愛されるブランドを目指して頑張ります!
デザイナー・堀田


内野 今は一年先の商品を制作中で、レース選びやパターン設計を進めているところです。そのなかでも、求められてからつくるより、求められるであろうものをつくっていこう!という気持ちを強く持っています。
トレフルの下着を身につければ、エレガントになれて、ちょっと非日常的な癒しの時間、至福の気分を味わえるはず!そんなすべての女性の期待に応えるものづくりをしていきます。これからも期待していてください!
パタンナー・内野

― ありがとうございました!