男のパンツな事情 REPORT 男性諸君、勝負もパンツも破れてはいないか?!

今回、昭和・平成生まれの男性100名を対象とした、
男性のアンダーウェアに関する
意識調査を実施しました。
令和を迎え、令和を生きる男性の
下着事情を深堀した結果・・・
男性の本音が見えてきました。

【アンケート調査概要】
調査期間:2019年4月1日(月)〜2019年4月28日(日)
対象:全国の20〜50代男性 100名
 調査方法:インターネット調査

男のパンツな事情 REPORT男の勝負は
パンツで決まる?!

パンツの所持枚数は?

6〜10枚 55% 11〜15枚 25% 16枚以上 7% 1〜5枚 13%

下着は誰が購入?

自分ひとりで 80% 家族やパートナー 10% その他 3% 家族やパートナーと一緒に 7%

勝負パンツは存在しますか?

ない 54% ある 46%

パンツの所持枚数は6〜10枚が最も多く、自分でパンツを購入する人が80%という結果に。大事なプレゼンや商談など、いざという時にはく”勝負パンツ”があるという方もちらほら。ですがどんなお気に入りパンツでも、去り時・寿命というものがあります・・・では、どういうタイミングでパンツを買い替えるのでしょうか?

男のパンツな事情 REPORT男は、パンツと
長く付き合いたい?

お蔵入りしている
パンツは何枚?

2〜3枚 46% 1枚 31% 4〜5枚 19% 6枚以上 4%

捨てるほどではないがはく機会もない・・・というパンツがタンスに眠っている人は多いですよね。なんと今回のアンケートでは全員にお蔵入りパンツがあるという結果が!!

使っていたパンツを
はかなくなる理由は?
(複数回答)

破れた 47 伸びた 75 色あせた 40 飽きた 8 サイズが合わない 13

破れるまではくという声が47%も!

なんと・・・”伸びたから”に次いで、破れるまではくという声が47%もありました・・・!肌に直接触れるものは愛着のあるもの、安心感のあるものをなるべく長く使いたいですもんね。

でも・・・ちょっと待って!

破れたり伸びたりした
パンツをはいていたら
こんなことが起こりませんか?

何となく気合が入らない… 銭湯やジムの着替えが恥ずかしい… ゴムが伸びてズレる、不快!

逆に、新しいパンツやお気に入りのパンツをはくと、その日1日頑張ろう!と何となくやる気が出たり、家族や友人に自慢したくなった事がある人は多いかと思います。

このまま使い古した
パンツをはき続けてよいものか・・・

提案 男性諸君、今こそパンツの買い替え時ではないだろうか?

男のパンツな事情 REPORT男が欲しいパンツとは?

パンツに求めるものは?

はきごこちや、
ストレスを感じないものへの
ニーズが高い

やはり、かなりの方がはきごこちを重視する模様。多くの方がムレ・フィット感・とにかくストレスを感じないものへのニーズが高いようです。

おすすめ 男の欲しい!にフィットするパンツ!

令和時代の男性諸君!お気に入りの1枚を見つけて新しいパンツと共に新しいステージへ進んでいきましょう!

BROS(ブロス)は、
設計や素材の良さにこだわり、
着ごこちの良い、快適さを大切にした
ワコールの
メンズ下着(アンダーウェア)ブランドです。

BROS® をもっと見たい方はこちら