下着のコラム

ワコールウェブストアがお届けする下着をもっと」楽しむための下着のお話

あなたは、新年に下着を新調する?
縁起のいい下着で1年を始めよう!

年末は下着の変え時??

総務省が二人以上の世帯におこなった家計調査によると、
洋服は「新年度」を迎える前に、下着は「新年」を迎える前に購入される傾向があるようです。
おそらく日本には、新年に新しい下着をつける習慣があるようですね。

下着類を最も購入した月は12月!

元旦に洗濯してはいけない理由

元旦は、家に歳神様を迎える日。
新しい下着を用意する習慣も、もともとは自分のためではなく神様をお迎えするために始まったことのようです。

元旦に掃除や洗濯などの家事をすると縁起が悪いといわれますが、その理由は、せっかく入ってきた福を逃してしまうから。
年末は、おせち料理の準備や大掃除とともに、下着の用意もしておくと安心して気持ちのいい新年を迎えられそうですね。

縁起のいい下着の色は?

新年の下着で人気のある色といえば「赤」と「白」でしょう。これにも由来が。
神話の時代の日本では、白い布や糸がもっとも神聖な浄衣でした。 また、太陽と火の色である赤は、魔除けの役割を果たしていました。

新年によいとされる下着の色にはお国柄がありますが、ひとつの目安となるのが、その国で縁起のいい色が入っていることの多い国旗。
日本の国旗を見ると、やはり赤か白がいいのかなと思ってしまいますね。

セクシーすぎるイタリアの新年

毎年、新年につける「赤い下着」が話題になる国といえばイタリア。
イタリアの赤は、愛と情熱のシンボルであり、幸運のシンボルでもあるのです。 最近は、赤と黒をミックスしたゴージャスな下着も人気があるようです。

クリスマスツリーが1月6日の公現祭まで飾られているイタリアは、きらきらしたムードで新年が始まるため、下着も清楚よりセクシー系。
思い切って、異国のそんな習慣を取り入れてみるのも新鮮かも…

緑やオレンジもあり?

日本のお正月に使われる赤は、金赤といわれる黄色みがかった鮮やかな赤。
クリスマスは深い赤の下着、お正月は派手な赤の下着、と使い分けるのもひとつです。
門松や鏡餅など、お飾りに使われる緑やオレンジ色も縁起がよさそうですね。

ちなみに、冒頭でご紹介した家計調査の「下着類」にはナイトウェアも含まれています。 新年は、ここちよい眠りへ誘うナイトアップブラパジャマの新調にもグットタイミング。
うっとりするような肌ざわりの下着で、よい初夢を!!