1. TOP
  2. TOPICS
  3. キレイの知恵袋
  4. 一度ハマると抜け出せない!「サルート」が熱烈にファンを魅了するのはなぜ?
一度ハマると抜け出せない!「サルート」が熱烈にファンを魅了するのはなぜ?

一度ハマると抜け出せない!「サルート」が熱烈にファンを魅了するのはなぜ?

下着の知識

1979年に生まれたインナー&ランジェリーブランド「サルート」。今では「サルートしか着ない!」という熱烈なファンも大勢いるほど大人気なのだとか。
そもそもサルートってどんなブランドなの?どうしてそんなにファンが多いの?
チーフデザイナー 小島へのインタビューから、サルートの数々の魅力が見えてきました!

ナイティから始まったサルートの世界

ナイティから始まったサルートの世界

- まずはサルートがどんなブランドなのか教えてください。

小島 サルートは、ワコールの専門店限定のナイティとして誕生したブランドです。
その後、「よりエレガントにインナーウェアを愉しみたい」という大人の女性の想いに応えるために、1983年にインナーウェアの発売もスタートしました。
今もすべてのシリーズにインナーとランジェリーを取り揃えていますが、「独特なテイストや華やかなデザインが大好き!」と、幅広い年齢の女性にご好評をいただいています。

たとえば無地で何もついていないような下着をサルートに求めている方はいなくて、「他では買えないデザインだから、ずっとサルートが好き」という方が多いんです。
歳をとったからといってサルートを嫌いになることはなくて、ファンの方はサルートらしいゴージャスなセクシーさが好き。
このテイストを守り続けることを一番大切にしています。

サルートのデザインは細部までゴージャス!

サルートのデザインは細部までゴージャス!
- 「ゴージャスなセクシー」を作り上げるうえでのポイントは?

小島 デザインのポイントとしては、まず大きなお花のモチーフにこだわりがあります。
モチーフを作るときに目指しているのは、絵画のような美しさや立体感。それを形にするには、刺繍のステッチの長さが大切なんです。
ステッチを長くすればするほど光沢が出るので、お花の内側は細かなステッチをたくさん入れて、花びらの先のほうをロングステッチにする。すると、外側にやわらかく光が当たっているような奥行きが生まれます。
大きなお花のモチーフ
- たしかに、浮き上がってくるような立体感がありますね。

小島 そうなんです。こうやって糸を贅沢に使って繊細にまでこだわることで、高級感や味わいのあるサルートらしい仕上がりになっています。
このモチーフはブラジャーにつけているものですが、単に同じものをショーツやランジェリーに使い回すことはしません。セットでつけたときのバランスなどを考えて、それぞれに一からデザインを起こしてモチーフを作っています。


- それは大変そう…!サルートといえば色使いも印象的ですよね?

小島 サルートらしい色使いのポイントは、異色の濃淡の組み合わせだと思います。
サルートしかやらないような反対色の組み合わせ
こんな感じで、グレーにクリーム色のモチーフを合わせたり、水色にピンクのモチーフを合わせたりと、サルートしかやらないような反対色の組み合わせで、より大胆で艶やかな雰囲気を表現しています。
たとえ淡いカラーでも、さみしい印象にならないように華やかさを出すことを常に意識しています。

あとは、日本人女性の肌が一番キレイに見えるような色使いにもこだわっています。
常に机の上に鏡を置き、自分の肌にのせてチェックをして、肌色が少しでもくすむ色は使いません。


- レース部分に関してはいかがですか?

小島 レースを作るときも、実際に肌にのせて細かくチェックしています。
素肌が美しくセクシーに透けて見えるようなレース
素肌が美しくセクシーに透けて見えるようなレース、そして繊細なレースと大胆なモチーフとのコントラストの美しさにもこだわっています。

下着はお化粧と一緒で、肌の上に最初につけるものですよね。だから、朝一番にその日のモチベーションを決めるものでもあると思っています。
洋服は無難な色を選びがちかもしれませんが、下着はこういう肌映りや顔映りがキレイに見える華やかなものをつけたほうが「よし、頑張ろう!」と思えるし、恋や仕事への気持ちが高まって「オンナ度」がグッと上がると思うんです。

ラージサイズでもオンナ度が上がる!

- サルートはサイズ展開の豊富さも特長ですよね。

小島 はい。カップサイズはIカップまでご用意しているものもありますし、アンダーサイズも豊富に展開しています。
最近は大きい胸の方が増えてきていますし、欧米的な体型の若い人も多いですよね。
たとえばアンダーが細いのにカップがとても大きいなど、なかなかサイズがなくてお困りのお客さまにもサルートをご愛用いただいています。
また、サルートのテイストは幅広い世代の方に愛されているので、体型変化や年齢を問わずご愛用いただきたい、という気持ちもあります。

実は、モチーフを大きくしたりレースの柄を変えたりと、サイズに合わせてデザインも調整しているんです。
ラージカップのブラジャーは可愛くない、種類が少ない。そんなお悩みにお応えできるように、ラージサイズも華やかでオンナ度が上がるようなデザインに仕上げています!


- サルートはラージサイズの方も多いからこそ、ボディメイク力にもすごくこだわりがあるんですよね。
そちらについては「身も心も“劇的セクシー”になれる♡「サルート」でオンナをもっと愉しもう」でご紹介しています!

一つひとつのデザインにストーリーがある!

- 最初に「テイストを守り続けることが大切」というお話がありましたが、サルートからは毎月新製品が出ていますよね。どうやってテイストを守りつつデザインのバリエーションを考えているんですか?

小島 モチーフやカラー、レースなど、デザインはすべてシーズンテーマに合わせてオリジナルで作っています。
じゃあシーズンテーマってどうやって考えてるの?とよく聞かれるんですが、純粋にやったことのないことで、やってみたいと思うものをテーマにしています
お客さまからも「サルートしか持っていないから、今まで持っていない新しいものをどんどん作って!」という声が多いので、「ファンの方と共有できるテーマ」というところもすごく大切にしています

たとえば、2017年秋冬のシーズンテーマは「JAPANESE BEAUTIES」
東京オリンピックも決まり、世界の注目が日本に集まっていますよね。その反面、私たち日本人には「大陸文化はおしゃれでかっこよくて、日本の文化は少し遅れている」という気持ちが少しあるんじゃないかと思ったんです。でも、海外の人からは、日本は文化が花開いていて、とても美しいと言われている。
そこで、「私たちの気づいていなかった日本の美しさを再発見しよう!」というメッセージを込めたテーマに決めました。
半年間のシーズンテーマの中で毎月1グループずつ発売しているんですが、グループごとにテーマがあり、今回は季節の花と日本の伝統美を感じていただけるコレクションになっています。

8月に発売した72Gのテーマは「天の川と待宵草(まつよいぐさ)」

サルート 3/4カップブラ

実は、七夕は8月の季語なんです。そして待宵草は、宵の明星、つまり夜を待って咲く花。
昔の人は、待宵草が咲くとともに頭上に広がる星空を見ながら、大好きな人への歌を詠んだと言われています。
そんな「大空の満点の星と待宵草」というロマンティックな世界をイメージしています。

9月に発売した73Gのテーマは「華道と月下香(げっかこう)」です。

サルート 3/4カップブラ

9月といえば中秋の名月。夜になるとお月様のもとで甘い香りを放つ月下香の花をモチーフに、水盤の上に花が浮かんでいる様子もイメージしています。
また、「盛り花」など華道の活け方の流儀からデザインのヒントを得ています。
ちなみにこのカラーは、日本伝統のツツジの花の色をイメージしています。

10月発売の74Gのテーマは、「着物とバラと秋の七草」

サルート P−UPブラ 3/4カップブラ

アップリケは「織物」を、レース部分は「染物」をイメージしています。
レースの花柄にはすべて輪かく線があるのですが、これは染めのときに行なわれる「糸目糊」という技法がヒントになっています。さらに内側がふわっと染まっているような刺繍にして、染物の美しさを表現しています。
あと、着物は左肩に大きな柄がありますよね?それをイメージして、ブラジャーは左側のストラップに大きなモチーフを配置しています。
帯留めみたいなセンターのアップリケにも注目していただきたいです!

同じく10月発売予定の75Gのテーマは「和菓子と寒椿(かんつばき)」

サルート VIVA LINEブラ 3/4カップブラ

お干菓子のパウダリーな質感や生菓子のしっとり感、つやっとしたトッピングなど、和菓子の繊細な美しさをレースやサテン生地の組み合わせで表現しています。
また、普通の椿は枯れるとき花が丸ごと落ちるんですが、寒椿だけは花びらを一枚一枚落とすんです。キャミソールでは、その花びらが舞う様子も表現しています。

11月発売予定の80Gは「お香と雪の花」をテーマにしています。
サルート 11月発売予定の80Gシリーズ
前中心からお香の煙がふわっと立ち上がっているようなデザインになっています。
花のモチーフに関しては、初雪の舞う静かな雰囲気を表現したくて、雪の花・風花をイメージしています。


- 73Gのお話の中で「ツツジの色」という言葉がありましたが、色にも一つひとつ意味があるんですか?

小島 もちろんです!着物がテーマの74Gも、華やかな振袖、やわらかな色合いの訪問着、晴れの日の黒留袖をイメージした色展開をイメージしています。

こんな感じで、サルートはデザインもカラーも一つひとつにストーリーがあるんです!
ファンの方は「次はどんなストーリーなの?」と毎回楽しみにされていますし、中には、何年も前のシーズンテーマやカラーストーリーまで覚えてくださっている方もおられるほどです。

コーディネイトしたときの発見が楽しい!

小島 あと、ブラジャーとショーツ、ランジェリーとのコーディネイトで、より世界観を楽しんでいただけるのもサルートらしさの一つです。

たとえば、73Gのセットアップのショーツは半月をイメージしたバックレースをつけているんですが、キャミソールを重ねると丸い形になって、お月様をチラ見せしているようなデザインになるんです。
サルート 73Gのセットアップ

あと、74Gのブラジャースリップですと、重ね着したときにブラジャーの左側のアップリケが見えるように、あえてスリップの左側にはアップリケをつけていません。
サルート 74Gのブラジャーとスリップ
また、ブラジャーの後ろまでレースを使っているので、スリップの背中を透けさせて隠れないようにしています。
スリップの背中を透けさせて隠れないようにしている
- すごい!組み合わせて着たときの発見がいっぱいあるんですね。

小島 そうなんです。「どうしてここがカーブになっているの?」「どうしてアップリケがこの位置にあるの?」と不思議に思ったことも、着たときに「なるほど!」「こんなところまでこだわってるんだ!」と納得できる。そんな発見もサルートならではの魅力です。

サルートだけの愉しさを、これからも!

サルートだけの愉しさを、これからも!
- 最後に、サルートを初めて知った方、そしてサルートファンの皆さまへのメッセージをお願いします!

小島 サルートは季節によって色やデザインも大きく変えているので、「下着の衣替え」を楽しんでいるファンの方も多いと思います。
そういう方は下着のおしゃれを楽しむ感度の高い人だと思いますし、これからもそんな女性たちが集めたくなるような「サルートだけの愉しさ」を目指し続けていきたいです!

そして、初めてご覧になった方は「派手かな?」と思われるかもしれませんが、サルートの華やかさやシルエットは一度つけるとやみつきになります。ぜひ一度つけてみてください!
引き出しの中も色鮮やかになって、きっと毎日が楽しくなりますよ!

- ありがとうございました!