CLOSE

ITEM SEARCH

  1. TOP
  2. キレイの知恵袋
  3. 一度ハマると抜け出せない!「サルート」が熱烈にファンを魅了するのはなぜ?
一度ハマると抜け出せない!「サルート」が熱烈にファンを魅了するのはなぜ?

一度ハマると抜け出せない!「サルート」が熱烈にファンを魅了するのはなぜ?

下着の知識

1979年に誕生したランジェリーブランド「サルート」。今では「サルートしか身につけない!」という熱烈なファンも大勢いるほどの人気だとか。
そもそもサルートってどんなブランドなの?どうしてそんなにファンが多いの?チーフデザイナーの小島に、サルートの魅力の数々について語ってもらいました。

ナイトランジェリーから始まったサルートの世界

― まずはサルートがどんなブランドなのか教えてください。

小島 サルートは、ワコールの専門店限定のナイティとして誕生したブランドです。その後、「よりエレガントにインナーウェアを愉しみたい」という大人の女性の想いに応えるために、1983年にインナーウェアの発売もスタートしました。
今も、すべてのシリーズにインナーとランジェリーを取り揃えていますが、「独特なテイストや華やかなデザインが大好き!」と、幅広い年齢の女性にご好評いただいています。

たとえば、無地で何もついていないような下着をサルートに求めている方はあまりいなくて、「他では買えないデザインだから、ずっとサルートが好き!」という方が多いんです。ファンの方は、年齢を重ねても、サルートらしいゴージャスなセクシーさを求めているので、このテイストを守り続けることを一番大切にしています。

サルートのデザインは細部までゴージャス!

サルートのデザインは細部までゴージャス!
― 「ゴージャスなセクシー」を作り上げるうえでのポイントは?

小島 デザインのポイントとしては、まずお花のモチーフにこだわりがあります。モチーフを作るときに目指しているのは、絵画のような芸術的な美しさです。
刺繍糸の緻密なステッチで光沢を出したり、グラデーションを表現したり、大小さまざまなアップリケを使って、立体的にデザインしたり、さらに羽根のようなモチーフを幾重にも重ねて、いっそうお花の立体感を出したり、お花をゴージャスに見せるさまざまな工夫を凝らしています。
お花のモチーフにこだわりがあります
小島 細部にまでこだわることで、高級感のある、サルートらしい独特の仕上がりになっています。このモチーフは、ブラジャーにつけているのですが、単に同じものをショーツやランジェリーに使い回すことはしていません。セットでつけたときのバランスなどを考えて、それぞれ一からデザインを起こしてモチーフをつくっています。

― そこまでこだわっているんですね!サルートといえば色使いも印象的ですよね?

小島 はい。サルートらしい色使いのポイントは、目を引くような異色の組み合わせや、他にはない色数の多さです。
サルートらしい色使いのポイントは、目を引くような異色の組み合わせや、他にはない色数の多さです。
たとえば、爽やかなメロンカラーの上に、珊瑚を思わせる鮮やかなコーラルピンクを重ねたり、ネイビーのグラデーションに鮮やかなピンクを組み合わせた、セクシーで思い切った色使いなど、いずれもサルートにしか表現できないような色の組み合わせや、色そのものの華やかさが感じられるものばかりです。

― レース部分に関してはいかがですか?

小島 レースをつくるときも、実際に肌にのせて細かくチェックしています。
肌の上に柄が浮き上がるような透け感がセクシーなレースや、動きのあるカットラインなどにもこだわっています。
セクシーなレース
下着はお化粧と一緒で、肌の上に最初につけるものですよね。なので、朝一番にその日のモチベーションを決めるものでもあると思っています。
洋服は、無難な色を選びがちかもしれませんが、下着は、こういう肌映りや顔映りがキレイに見える、華やかなものをつけたほうが、「今日も頑張ろう!」と思えますし、仕事にも恋にも前向きになって、「オンナ度」もグッと上がると思うんです。

ラージサイズもオンナ度が上がる!

― サルートはサイズ展開の豊富さも特長ですよね?

小島 はい。カップサイズはIカップまでご用意しているものもありますし、アンダーサイズも豊富に展開しています。

最近は、大きい胸の方が増えていますし、欧米的な体型の方も多いですよね。たとえばアンダーが細いのに、カップがとても大きいなど、なかなかサイズがなくてお困りのお客さまにもサルートをご愛用いただいています。
まだ、サルートのテイストは幅広い世代の方に愛されていますので、体型変化や年齢を問わずご愛用いただきたい、という思いもあります。

実は、モチーフを大きくしたり、レースの柄を変えたりと、サイズに合わせてデザインも調整しているんです。ラージカップのブラジャーはあまり可愛いものがなく、種類も少ない。そんなお悩みにお応えできるように、ラージサイズも華やかで、オンナ度が上がるようなデザインに仕上げています!

― サルートを愛用されている方には、ラージサイズの方も多いからこそ、ボディメイク力にもすごくこだわりがあるんですよね。そちらについては「身も心も“劇的にセクシー”になれる♡「サルート」でオンナをもっと愉しもう」でご紹介しています!

一つひとつのデザインにストーリーがある!

― 最初に「テイストを守り続けることが大切」というお話がありましたが、サルートからは毎月新製品が出ていますよね。どのようにテイストを守りつつ、デザインのバリエーションを考えているのですか?

小島 モチーフやカラー、レースなど、デザインはすべてシーズンテーマに合わせてオリジナルで作っています。ではそのシーズンテーマはどのように考えているの?とよく聞かれますが、純粋に今まで取り上げたことのないテーマで、やってみたいと思うものにしています。
お客様からも、「サルートしか持っていないから、今までに持っていない新しいものをどんどん作って!」という声が多く、「ファンの方と共有できるテーマ」というところもとても大切にしています。

2021年秋冬のシーズンテーマは「CREATIVE DREAM」です。今シーズンは特にファッションの世界に注目しました。ファッションは、時代とともにトレンドが変わり、女性を常にポジティブにしてくれるものです。そんなファッションの歴史や時代をテーマにデザインしました。

■53グループ
日本に西洋文化が一気に入ってきた時代の、レトロモダンなファッションをイメージしています。
53グループ
着物をドレスに仕立てていた文明開化の時代を思わせるような、日本的な色合いが特徴です。珊瑚の花かんざしをモチーフにしたアップリケで、浮世絵の世界観を表現しました。
「53グループ」セットアップ
キャミソールとショーツのセットアップもご用意しています。首周りのアクセサリーストラップとセクシーなショーツがポイントです。

■56グループ(11月中旬発売予定)
ベル・エポックと呼ばれる、パリが一番繁栄した華やかな時代をイメージしました。
56グループ
この時代を象徴するアールヌーボーの装飾的なデザインをヒントに、当時有名だったキャバレーをイメージしています。ステンドグラスのように輪郭を囲うような刺繍や、バラの刺繍の上にお花のプリントを重ねたアップリケからもセクシーさ感じていただけると思います。
56グループ スリップ
スリップはデイリーに使いやすい膝上丈です。裾の部分にあしらった豪華なアップリケと、肌の透け感が美しいカットワークがとてもゴージャスで、背中にもこのカットワークを施し、後ろ姿にも華やかさを添えました。

■57グループ(11月下旬発売予定)
女性が一番美しく見えるボディシルエットを確立したと言われるニュールックをイメージしました。
57グループ
シックなカラーリングで、インポートライク、かつレトロ感を表現しました。色のまとまり感があるため、モードなイメージも感じられると思います。
57グループ キャミソール
キャミソールは、裾に深いスリットが入っており、シンプルながらもセクシー。一番の特徴は背中部分が大きく開いているバックスタイルです。背中が開いたお洋服にも合わせることができます。

■61グループ(1月下旬発売予定)
60年代のロンドンから始まり、スウィンギング・シックスティーズと呼ばれたストリートカルチャーをイメージしています。
61グループ
1960年代のレトロポップなお洋服からインスピレーションを得てデザインしました。当時流行していた元気の出るカラーリングが特徴です。
61グループ キャミソール
キャミソールは、なめらかで光沢のある素材を使っており、普段お使いいただくのに適しています。裾には360度レースを施し、透け感や軽やかさを演出しました。

■62グループ(2月上旬発売予定)
アメリカに好景気が訪れた時代のアール・デコをイメージしています。
62グループ
女性進出に伴い、自由を謳歌するフラッパーガールが頭につけていた羽根をモチーフに、幾重にも重ねたアップリケを施しました。プリント生地に、さりげなくサルートのロゴを入れたのが大きな特徴です。
62グループ スリップ
花々が咲き乱れるような華やかなスリップです。サイドにレースをあしらい、透け感の美しさとセクシーさを感じていただけると思います。

■10グループ
「ワンランク上の大人のおしゃれを楽しむ」をテーマにした新しいグループです。
10グループ
カップの表からバック部分まですべてに繊細なリバーレースを使い、高級感を出しました。ブラジャーのバック部分やショーツにはストレッチ性のあるリバーレースを使用し、着用感にもこだわりました。
10グループ「ランジェリードレス」
今回特に注目していただきたいのが、ランジェリードレスです。ガウンとロングスリップのセットで、お家時間を幸せにするルームランジェリーとして着ていただけるデザインにしています。ガウンは、お家での羽織りとしてはもちろん、お洋服としても着ていただくこともできます。またスリップには取り外し可能なパッドを内蔵しており1枚使いのランジェリ―ドレスとしても着用いただけますし、パッドを取り外せばブラジャーとコーディネイトして着用する事も出来ます。

このように、サルートには一つひとつにストーリーがあるんです。ファンの方は「次はどんなストーリーなの?」と毎回楽しみにされていますし、中には何年も前のシーズンテーマやカラーストーリーまで覚えてくださっている方もいらっしゃるほどです。

サルートだけの愉しさを、これからも!

― 最後に、サルートを初めて知った方、そしてサルートファンの皆さまへのメッセージをお願いします。

小島 サルートは、季節によって色やデザインを大きく変えているので、「下着の衣替え」を愉しんでいるファンの方も多いと思います。
そういう方は、下着のおしゃれを愉しむ感度の高い人だと思いますし、これからもそんな女性たちが集めたくなるような、「サルートだけの愉しさ」を目指し続けていきたいと思っています。
そして、初めてご覧になった方は「派手かな?」と思われるかもしれませんが、ぜひ一度つけてみてください。行きたいところに行けない、やりたいことができない時代ですが、それをサルートの世界観を通じて、チャレンジしたことのないカラーに挑戦してみたり、ファッションを楽しむことができない今だからこそ、下着を選ぶという、女性ならではの楽しみを感じていただけたらと思っています。
「サルート」チーフデザイナー 小島