1. TOP
  2. TOPICS
  3. キレイの知恵袋
  4. 聞けば聞くほど体感したくなる。「CW-X」に込められたノウハウがすごい!
聞けば聞くほど体感したくなる。「CW-X」に込められたノウハウがすごい!

聞けば聞くほど体感したくなる。「CW-X」に込められたノウハウがすごい!

健康

スポーツをする人なら、「CW-X(シーダブリュー・エックス)」という名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
このワコールのCW-X、実はプロアスリートからスポーツ初心者まで、本当にたくさんの人たちに愛用され続けている、歴史あるスポーツウェアブランドなんです。
なぜそんなに愛されているの?他とはなにが違うの?開発担当の竹波に、CW-Xのこだわりや想いを語ってもらいました!

「CW-X」の誕生は、まさにケガの功名!?

「CW-X」の誕生は、まさにケガの功名!?
- 下着のメーカーであるワコールがスポーツウェアブランド「CW-X」を立ち上げた経緯を教えてください。

竹波 ある日、ワコール人間科学研究所の研究員の妹さんがスキー中にケガをされたそうなんです。
このままではスキーを続けることができない…そのとき、たまたま一緒にいたお友達が足にテーピングをしてくれたところ、そのままスキーを続けることができたという経験から、「テーピングの原理をタイツに取り込もう!」というアイデアが生まれ、1991年に「CW-X」の初代商品であるスポーツタイツが誕生しました。
今でこそサポートラインのついたスポーツタイツをたくさん見かけるようになりましたが、実はCW-Xが最初に発売したんです。

そのとき生まれた初代のスポーツタイツは、今でも少しずつ進化しながら販売を続けています。それがこちらの「エキスパート モデル」です。
エキスパート モデル
最初は女性向けにビビッドなレオタード風のデザインを発売したのですが、「男性用も欲しい!」という声をいただき、メンズも誕生しました。
25年経った今も変わらずご好評をいただいていて、ワコールウェブストアでも定番の人気商品になっています。

ロングセラーの理由は、一度はいたらわかるよさ

- そんなに長いあいだ愛され続けている理由は何なのでしょうか?

竹波 「エキスパート モデル」はCW-Xの中で一番ベーシックなモデルなので、今までスポーツタイツをはいたことがない方や、スポーツタイツってどんなものかもわからない、という方にも試していただきやすい商品です。
素材やデザインは少しずつ変えていますが、「はくテーピング」としての基本的な構造は初代から変わっていません。
一度はいてみてよさを実感いただき、そのまま長年ご愛用してくださっている方がたくさんおられるんです。


- ちなみに、最初はやっぱりスキーの動きを想定して作られたのでしょうか?

竹波 初代も今も、ご使用いただくシーンは限定していません。
テーピングのように関節を守り、筋肉をサポートすることは、どんなスポーツにおいても大切なことですし、実際にいろんなスポーツシーンでお使いいただいています。
発売当初はスキーや山登り、ランニングのときにウェアの下にはかれることが多かったようですが、だんだん「見せるスポーツタイツ」としてご愛用いただくことも増えてきました。

ただ、発売当初は世の中にまだない新感覚のものだったので、まさにゼロからのスタート。
担当者が自分たちであちこち足を運び、プロ野球のトレーナーさん達などに直接説明させていただいていたと聞いています。
そこからたくさんの方のご協力や口コミによってご愛用の輪が広がっていきました。
ランニング人気や山ガールブームも、一般の方にたくさん知っていただくきっかけになったと思います。

独自のノウハウで、からだ本来の力を引き出す!

- 「テーピングのようにサポートする」とは、具体的にどういうことなんでしょうか?

竹波 CW-Xが一番大切にしているのは、股関節をしっかり安定させながら、連動性をもって全体を安定させること。
からだって、すべてが連動して動くものですよね。
だから「ここだけを安定させればいい」「ここだけを守ればいい」というものではないという考えを基本にしています。
実際にサポートラインをご覧いただくと…
サポートライン
股関節から太ももを通り、ひざの関節をまたいで、さらにふくらはぎを通って足首まで、という一本のラインになっています。
サポートラインを一本に繋げることで、脚全体の関節と筋肉をしっかりサポートできるんです。
このサポートライン部分は伸縮性が少なく、強いパワーがあります。
サポートライン部分は伸縮性が少なく、強いパワー
反対に、本体部分はかなりストレッチ性があり、やわらかくなっています。
本体部分はかなりストレッチ性があり、やわらかい

私たちは、無理にからだを押さえつけたり、無理やりパワーを引き出したりはしたくないと考えているんです。
それに全体をガチガチに固めてしまうと、そもそもはくこともできないですし、窮屈で仕方ないですよね。
だから、強いパワーを持ちながらも伸縮性のある設計で、関節の動きをジャマすることなく、筋肉の構造に沿って動きを自然にサポートすることを大切にしています。
そして、その人のからだ本来の力を最大限に引き出してあげられる「コンディショニングウェア」を目指しています。

そこには下着メーカーならではのノウハウが詰まっているんです。
ガードル作りに必要な、おなかおさえやヒップアップなどパーツごとに強弱をつける技術、さまざまな伸縮性をもつ素材の開発、肌あたりの快適さを追求する高い製法技術など、ワコール独自のさまざまなノウハウが活かされています。

また、実際にはいたときのフィッティング状態もしっかり確認しながら開発しています。
今までの設計や仕様をもとに作ったあと、必ず人に合わせてみて、ジャストフィットするかどうか、今までのものよりもキツくなったりゆるくなっていないかを確認するんです。
そして、本当に納得がいくまで何度も確認と修正を繰り返します。
ワコールはサイズにもすごくこだわっていますし、ブラジャーなどの下着と同じで、からだにきちんと合ったものを快適に着ていただきたいんです。

衣服としての快適さと、しっかりとしたサポート力を兼ね備えている。
そして、すべての動作で効果を発揮できるように作られている。
それがCW-Xのスポーツタイツです!

開発担当の竹波

ぴったりが選べる豊富なバリエーション!

- こちらの「エキスパート モデル」以外には、どんなスポーツタイツがあるんですか?

竹波 「エキスパート モデル」を基本として、現在5つのモデルがあります。
こちらのスタビライクスモデル」は、「エキスパート モデル」に腰のサポートを加えたものです。
スタビライクスモデル
さらにおしりのサポートも加えたのが「ジェネレーターモデルです。
「ジェネレーターモデル」商品一覧
うしろを見ていただくと、サポートラインの違いがはっきりわかります。
サポートラインの違い
左から「エキスパート モデル」「スタビライクスモデル」「ジェネレーターモデル」です。
「エキスパート モデル」はウエスト部分もこれくらい伸縮性がありますが…
「エキスパート モデル」はウエスト部分も伸縮性
「ジェネレーターモデル」はかなり伸縮性を抑えて、しっかりサポートできるようになっています。
「ジェネレーターモデル」はかなり伸縮性を抑えて、しっかりサポートできるように

- のび具合が全然違いますね!

竹波 「腰が疲れやすいけれど、富士山登頂にチャレンジしたい!」というときは「スタビライクスモデル」、「フルマラソンを完走したいのでフルサポートしてほしい!」というときには「ジェネレーターモデル」など、シーンやからだの状態に合わせて選んでいただければと思います。

また、はきごこちも選んでいただけるようにしています。
ジェネレーターモデル レボリューションタイプ」は「ジェネレーターモデル」をよりはきやすくしたスポーツタイツです。
ジェネレーターモデル レボリューションタイプ
「ジェネレーターモデル」と同じく広範囲をサポートしながらも、薄さや軽さを追求しています。
また、サポートラインの縫製をなくすことで肌あたりもなめらかにしています。
「ジェネレーターモデル」と同じく広範囲をサポートしながらも、薄さや軽さを追求

- サポートラインがないということですか?

竹波 いいえ、一枚の布に特殊な製法でパワー差をつけることで、ラインを縫い付けなくてもサポートできるようになっているんです。もちろん、サポートラインの機能はしっかり持っています。
この無縫製でしっかりサポートできるオリジナル設計も、やっぱりワコールならではのノウハウがあるからこそ。
ウェアの重さが気になるアスリートの方や、縫い目の肌あたりが気になる方にご好評いただいています。

サポートラインのないタイツ「CW-X スタイルフリーボトムもあるんですよ。
CW-X スタイルフリーボトム
もちろん機能性はしっかりあります!
締めることころは締めて、緩めるところは緩めるという「CW-X」独自の段階着圧でより動きやすくしています。
また、脚を曲げたときって、太ももの前の皮ふが縦にのびますよね。
その皮ふののびる方向に合わせてのびる生地を使うことで、ひきつれる感じを軽減しました。
脚の動きに一緒についていくようなはきごこちなんです。
こうしてCW-Xは、サポート以外の機能にも着目するようになってきています。

あらためて、すべてのモデルをサポート力の順に並べると…
すべてのモデルをサポート力の順に並べる
左から、
・サポートラインのないCW-X スタイルフリーボトム
・股関節とひざを重点的にサポートするエキスパート モデル
・腰のサポートを加えたスタビライクスモデル
・さらにおしりのサポートを加えたジェネレーターモデル
・「ジェネレーターモデル」をよりはきやすくしたジェネレーターモデル レボリューションタイプ
というラインナップです!

- これだけバリエーションがあると、だれでもぴったりのスポーツタイツに出会えそうですね!

スポーツブラにもCW-Xならではのこだわりが

- スポーツタイツ以外は、どんなアイテムが人気ですか?

竹波 女性にはスポーツブラジャーがご好評です!
CW-Xでは「走る人のブラ」「動く人のブラ」「歩く人のブラ」という3タイプのスポーツブラを展開しています。
CW-Xでは「走る人のブラ(リンク?H)」「動く人のブラ(リンク?I)」「歩く人のブラ(リンク11)」という3タイプのスポーツブラを展開
一番左の列が「走る人のブラ」、中央の列が「動く人のブラ」、一番右が「歩く人のブラ」です。
CW-Xのスポーツブラは、運動時の3大ストレスである「ユレ・ムレ・ズレ」を解消できるように設計や素材にこだわっています。

「ユレ・ズレ」に関してワコール人間科学研究所で研究をしたところ、バストは歩く程度の振動だと上下にユレるだけなんですが、動きが激しくなるほど弧を描くようにユレしまうということがわかりました。
そこで「走る人のブラ」は、五方向のサポートテープを内蔵し、円を描くようなバストのユレを抑えるようにしています。
「走る人のブラ」は、五方向のサポートテープを内蔵し、円を描くようなバストのユレを抑える

「歩く人のブラ」には、上下のユレを抑えるT字サポートテープを内蔵しています。
また、「動く人のブラ」はサポートテープを入れず、フィットしてズレにくい成型カップを採用しています。
つけて実際に動いてみると、違いをおわかりいただけると思います。


- ワイヤーなどは一切使わないんですね。

竹波 バストの大きなユレは、ワイヤーなどを使って「点」で支えるのはなく、全体的に「面」でしっかり支えてあげることが必要です。
でも全面をガチガチに固めてしまうと、苦しかったりずり上がったりしてしまいますよね。
そこで、動きに合わせたサポートラインをつけることで、動きについていきながら動きすぎない設計にしているんです。
ある程度ユレに対応しながらユレを感じさせない“免震構造の建物”のようなイメージです。
スポーツタイツでも「無理にからだを押さえつけない」というお話をしましたが、スポーツブラに関しても、無理にユレを押さえつけるのではなく、自然に分散させることを大切にしています。

「ムレ」に関しては、とにかく素材選びにこだわっています!
こちらの「動く人のブラ」は通気性を追求して、すごく薄くて軽いメッシュ素材を使用しています
「動く人のブラ」
同じ「動く人のブラ」でも、こちらはなめらかな素材を使い、ムレにくさに加えて肌あたりのやさしさにもこだわっています
CW-X スポーツブラ
シーンや気候に合わせて着用感を選んでいただけるように、一つひとつの素材にしっかり特徴があるんです。

オリジナルデザインがテンションを後押し!

- 最近はどんなデザインのウェアが人気ですか?

竹波 こちらのチェック柄など、はっきりとしたカラーや大胆な柄のものが人気です。
はっきりとしたカラーや大胆な柄のものが人気
ブラタイツをお揃いのデザインでご用意しているので、セットでご購入される方もたくさんおられます。

また、ビッグロゴがポイントの「ジェネレーターモデル レボリューションタイプ」も好評です。
ビッグロゴがポイントの「ジェネレーターモデル レボリューションタイプ」

最近はファッション性の高いおしゃれなスポーツウェアが増えてきましたよね。
CW-Xではシーズンテーマをもとに、リアルなスポーツシーンを思い描きながらプリント柄やカラーを選んでいます。
スポーツ時はもちろん、ジムへの行き帰りなどにも、見せてかっこいい、可愛いと感じてもらえるデザインを心がけていますし、リピーターの方もデザインバリエーションを揃えて楽しんでいただいています。
スポーツ時はもちろん、ジムへの行き帰りなどにも、見せてかっこいい、可愛いと感じてもらえるデザイン

イチロー選手をはじめ、プロアスリートもCW-Xのトリコ!

- あのイチロー選手もCW-Xを愛用されていると聞いたのですが…。

竹波 イチロー選手はCW-Xの契約アスリートでもあるんですが、契約以前から愛用していただいていたんです。
渡米されるときに「アメリカでもCW-Xを買えますか?」と問い合わせをいただき、愛用されていることが判明しました。これには当時の担当者も相当びっくりしたと思います(笑)。
契約させていただいて20年ほどになるので、ご愛用歴は20年以上になると思います。
「CW-Xは僕にとってかけがえのないもの。ユニフォームが変わっても変わることのない『もうひとつのユニフォーム』です」という、とってもうれしい言葉もいただいています!

プロ野球選手でいうと田中将大選手、プロゴルファーの青木功選手などもCW-Xの契約アスリートです。
最近では、プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスや、プロバスケットボールの滋賀レイクスターズとオフィシャルスポンサー契約も交わしました。
また、オリンピックやパラリンピックなど、世界に挑戦するアスリートの皆さんをウェア提供などを通してサポートする「アスリートサポートプラグラム」も実施しています。

他にも、アルティメット、ウエイトリフティング、カヌー、ビリヤードなど、本当にさまざまなスポーツのプロアスリートにご愛用いただいています。

- CW-Xがどんな動きもしっかりサポートできること、一度はくと手放せなくなることの証ですね!

CW-Xと一緒に、すべての人にスポーツを楽しんでほしい!

竹波 プロアスリートだけではなく、一般の方にもCW-Xをどんどん試してみていただきたいと思っています。
実は私、けっこう運動音痴で…(笑)。少し前まではスポーツに苦手意識があったんです。
でも最近はスポーツのジャンルが増えて、軽く楽しめるものも増えてきましたよね。 私もヨガやボルダリングなど「これなら自分にも合うな」と思えるスポーツを見つけられて、今では毎日の楽しみの一つになっています。

そんなヨガやフィットネスなどの軽い運動に向けて、「UNDER WEAR BY CW-X」というブランドを2015年に立ち上げました。
そこまでハードなものではなく、さらっとはきやすくて、見た目もおしゃれなスポーツウェアをラインナップしています。 UNDER WEAR BY CW-X UNDER WEAR BY CW-X ノンワイヤーブラ
UNDER WEAR BY CW-X 【ウィメンズ】 股関節・ひざサポートタイツ

私のようにスポーツをされてこなかった方、スポーツウェアを買ったことがなかった方にもおすすめです!

どんなスポーツにしても、コミュニティが広がったり、趣味の一つとして生活が充実したりと、いいことがたくさんあると思うんです。
だれでも自分に合うスポーツが一つはあると思うので、ぜひCW-Xと一緒にチャレンジしていただきたいなと思っています!


- 最後に、CW-Xが今後目指すコンディショニングウェアについて聞かせてください。

竹波 スポーツの目標の一つに、長時間快適に続けるということがあると思います。
でも、しめつけが強すぎるコンディショニングウェアだと不快感があったり、逆に何もつけないでいると、からだがムダに動いたり重く感じたりします。
ほどよいフィット感やサポート力によって長時間快適にスポーツできる、そして、その楽しみが長期間にわたって続くようなコンディショニングウェアを作り続けていきたいです。

あと、からだだけではなく、心の状態も整える存在でありたいと思っています。
CW-Xを身につけて無理なくスポーツを楽しめることは、心のコンディショニングにもつながると思うんです。
そんな「からだと心のトータルでのコンディショニング」を目指し続けていきます! 開発担当の竹波 - ありがとうございました!

※撮影・インタビューはワコールスタディホール京都にて実施しました。