CLOSE

ITEM SEARCH

  1. TOP
  2. キレイの知恵袋
  3. 「CW-X」のスポーツタイツに込められたノウハウがすごい!
「CW-X」のスポーツタイツに込められたノウハウがすごい!

「CW-X」のスポーツタイツに込められたノウハウがすごい!

健康

スポーツタイツを検討したことがある方なら、ワコールの「CW-X(シーダブリュー・エックス)」という名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
アスリートからスポーツ初心者まで、本当にたくさんの方々に愛用され続けている、歴史あるスポーツウェアブランド「CW-X」。
なぜそんなに愛されているの?他とはなにが違うの?「CW-X」の開発担当と事業企画の2人に、そのこだわりや想いを語ってもらいました!

「CW-X」の誕生は、まさにケガの功名!?

左:開発担当・竹波 右:事業企画・久本(左:開発担当・竹波 右:事業企画・久本)

― 下着メーカーであるワコールがスポーツウェアブランド「CW-X」を立ち上げた経緯を教えてください。

久本 ある日、ワコール人間科学研究所の研究員の妹さんがスキー中にケガをされたそうなんです。
このままではスキーを続けることができない…そのとき、たまたま一緒にいたお友達が脚にテーピングをしてくれたところ、そのままスキーを続けることができたという経験から、「テーピングの原理をタイツに取り込もう!」というアイデアが生まれ、1991年に「CW-X」の初代商品であるスポーツタイツが誕生しました。
今でこそサポートラインのついたスポーツタイツをたくさん見かけるようになりましたが、実は「CW-X」が最初に発売したんです。

そのとき生まれた初代のスポーツタイツは、今でも少しずつ進化しながら販売を続けています。それがこちらの「エキスパート モデル」です。
エキスパート モデル
最初は女性向けにビビッドなレオタード風のデザインを発売したのですが、「男性用も欲しい!」という声をいただき、メンズも誕生しました。
30年近く経った今も変わらずご好評をいただいていて、ワコールウェブストアでも定番の人気商品になっています。

ロングセラーの理由は、一度はいたらわかるよさ

― そんなに長い間愛され続けている理由は何なのでしょうか?

竹波 「エキスパートモデル」はCW-Xの中で一番ベーシックなモデルなので、今までスポーツタイツをはいたことがない方や、スポーツタイツってどんなものかもわからない、という方にも試していただきやすい商品です。
素材やデザインは少しずつ改良していますが、「はくテーピング」としての基本的な構造は初代から変わっていません。
一度はいてみてよさを実感いただき、そのまま長年ご愛用してくださっている方がたくさんいるんです。

― ちなみに、最初はやっぱりスキーの動きを想定してつくられたのでしょうか?

久本 初代も今も、ご使用いただくシーンは限定していません。
テーピングのように関節を守り、筋肉をサポートすることは、どんなスポーツにおいても大切なことですし、実際にいろんなスポーツシーンでお使いいただいています。
発売当初はスキーや山登り、ランニングのときにウェアの下にはかれることが多かったようですが、だんだん「見せるスポーツタイツ」としてご愛用いただくことも増えてきました。

ただ、発売当初は世の中にまだない新感覚のものだったので、まさにゼロからのスタート。
担当者が自分たちであちこち足を運び、プロ野球のトレーナーさん達などに直接説明させていただいていたと聞いています。
そこからたくさんの方のご協力や口コミによってご愛用の輪が広がっていきました。
ランニング人気や山ガールブームも、一般の方にたくさん知っていただくきっかけになったと思います。
事業企画・久本

独自のノウハウで、カラダを守る!

― 「テーピングのようにサポートする」とは、具体的にどういうことなんでしょうか?

竹波 「CW-X」が一番大切にしているのは、股関節をしっかり安定させながら、連動性をもって全体を安定させること。
カラダって、すべてが連動して動くものですよね。
だから「ここだけを安定させればいい」「ここだけを守ればいい」というものではないという考えを基本にしています。

実際にサポートラインをご覧いただくと…
サポートライン
股関節からふとももを通り、ひざの関節をまたいで、さらにふくらはぎを通って足首まで、という一本のラインになっています。
サポートラインを一本に繋げることで、脚全体の関節と筋肉をしっかりサポートできるんです。
このサポートライン部分は伸縮性が少なく、強いパワーがあります。
サポートライン部分は伸縮性が少なく、強いパワー
反対に、本体部分はかなりストレッチ性があり、やわらかくなっています。
本体部分はかなりストレッチ性があり、やわらかい

私たちは、無理にカラダをおさえつけたり、無理やりパワーを引き出したりはしたくないと考えているんです。
それに全体をガチガチに固めてしまうと、そもそもはくこともできないですし、窮屈で仕方ないですよね。
だから、強いパワーを持ちながらも伸縮性のある設計で、関節の動きをジャマすることなく、筋肉の構造に沿って動きを自然にサポートすることを大切にしています。
そして、その方のカラダを守り、動きやすい「コンディショニングウェア」を目指しています。

そこには下着メーカーならではのノウハウが詰まっているんです。
ガードルづくりに必要な、おなかおさえやヒップアップなどパーツごとに強弱をつける技術、さまざまな伸縮性をもつ素材の開発、肌あたりの良さを追求する高い製法技術など、ワコール独自のさまざまなノウハウが活かされています。
開発担当・竹波
また、実際にはいたときのフィッティング状態もしっかり確認しながら開発しています。
今までの設計や仕様をもとにつくったあと、必ず人に合わせてみて、ジャストフィットするかどうか、今までのものよりもキツくなったりゆるくなったりしていないかを確認するんです。
そして、本当に納得がいくまで何度も確認と修正を繰り返します。
ワコールはサイズにもすごくこだわっていますし、ブラジャーなどの下着と同じで、カラダにきちんと合ったものを快適に着ていただきたいんです。

衣服としての快適さと、しっかりとしたサポート力を兼ね備えている。
それが「CW-X」のスポーツタイツです!

サポートする部位やはきごこちで選べる、豊富なバリエーション!

― 「CW-X」のスポーツタイツにはいろいろな種類があるようですが、どのように選べばよいのでしょうか?

久本 スポーツタイツを選ぶときにまず考えていただきたいのが、どの部分をサポートしたいかということです。

先ほどご紹介したエキスパート モデル」は、脚を中心にサポートするものです。「股関節・ふともも・ひざ・ふくらはぎをサポートし、スポーツ時のコンディションをととのえたい」というときにおすすめです。

腰のサポートをプラスしたのが「スタビライクス® モデルです。「トレッキングやゴルフなど、長時間負荷がかかるスポーツにおすすめです。

脚、腰にくわえ、おしりのサポートもプラスしたものが「ジェネレーター® モデルです。マラソンや球技、スキーやスノーボードなど、カラダへの負荷が強いスポーツには、このタイプが選ばれています。腰から脚までをフルガードしてくれるので、カラダに不安を感じる方にもおすすめです。


●「エキスパート モデル
●「スタビライクス® モデル
●「ジェネレーター® モデル

を左から順に並べてみます。

うしろから見ると、サポートラインの違いがはっきりわかりますね。
サポートラインの違い
竹波 また、基本的にサポートの部位が増えるほど、はきごこちが固めになってしまうので、ストレッチ性の良い生地を使用して、はきやすくしています。そして、さらにはきごこちや軽量性を追求した「2.0」というタイプもご用意しています。

たとえば「ジェネレーター® モデル2.0」は、ベース生地に8方向に伸びる素材を使っているので、サポート部位は多いのに動きやすく、ラクなはきごこち。さらに、サポートラインの縫い目を無くすことで、軽さとはきごこちを追求しました。
「ジェネレーター® モデル2.0」軽さとはきごこちを追求
ほかにも全面メッシュ素材のCOOLタイプなど、カラダのコンディションやお好みに合わせて選んでいただけるように、たくさんのタイプをご用意しています。

ランナーやスポーツビギナーに特化したモデルも!

竹波 さらに、ユーザーを限定したスポーツタイツもあります。

たとえば、マラソンでの記録向上を目指すランナーの方に向けた「スピード モデル®
「はいている方が動きやすい!」「より速く走れる!」と感じていただけるように、サポート機能はカラダの軸を安定させる股関節に限定して最小限に。さらに腹部に適度な圧をかけて骨盤を前傾に保ち、次の一歩をより踏み出しやすくする機能をプラスしました!サポートラインの縫い目をなくして、はきやすさにもこだわっています。
実際に着用いただいたお客さまからも「ベストタイムを更新できた!」というお声をいただいているんですよ。

ハーフタイツもラインアップしているので、スタイルに合わせて選んでいただけます。
スピード モデル®
久本 また、これから新たにスポーツを始めようとする方や、家やジムで軽いスポーツを楽しみたい方、初めてスポーツタイツをはいてみようという方が気軽にはけるスポーツタイツを目指して開発したのが、STYLE FREE by CW-Xです。
普段着のファッションとしても取り入れられるような色やデザイン、価格にもこだわっています。
STYLE FREE by CW-X
動きやすさに加え、見た目のスタイルを美しく魅せる機能にこだわったヨガ用のスポーツタイツもあります。

― これだけバリエーションがあると、ぴったりのスポーツタイツに出会えそうですね!

スポーツブラにも「CW-X」ならではのこだわりが

― スポーツタイツのほかには、どんなアイテムが人気ですか?

竹波 女性にはスポーツブラがご好評です!
スポーツブラ
「CW-X」のスポーツブラは、運動時の3大ストレスである「ユレ・ムレ・ズレ」を軽減できるように設計や素材にこだわっています。

スポーツタイツでも「無理にカラダをおさえつけない」というお話をしましたが、スポーツブラに関しても、無理にユレをおさえつけるのではなく、ユレを分散させることを大切にしています。

ワコール「CW-X」のスポーツブラについてはコチラで詳しくご紹介しています!
》「ワコールのスポーツブラは何が違う?スポーツブラの役割と選び方を基本からおさらい!

イチローさんをはじめ、プロアスリートも「CW-X」のトリコ!

― あのイチローさんもCW-Xを愛用されていると聞いたのですが…。

久本 アドバイザリーパートナーのイチローさんは、メジャーリーグとの契約で渡米されるときに「アメリカでもCW-Xを買えますか?」と問い合わせをいただき、愛用されていることが判明しました。これには当時の担当者も相当びっくりしたと思います(笑)。
契約させていただいて20年ほどになるので、ご愛用歴は20年以上になると思います。
「CW-Xは僕にとってかけがえのないもの。ユニフォームが変わっても変わることのない『もうひとつのユニフォーム』です」という、とってもうれしい言葉もいただいています!

最近では、プロバスケットボールの京都ハンナリーズとオフィシャルサプライヤー契約も交わしました。

陸上、自転車、テニス、ボート、アルティメット、ウエイトリフティングなど、本当にさまざまなアスリートのみなさんにご愛用いただいています。

― 「CW-X」が運動時にカラダを守って、しっかりサポートしてくれるという証ですね!

CW-Xと一緒に、すべての方にスポーツを楽しんでほしい!

― 最後にスポーツを楽しむ方に向けたメッセージや、今後の展望についても教えてください。

久本 カラダを動かすことは、人生そのものを豊かにすることだと考えています。だから「CW-X」は、カラダをサポートし、フィット感やはきごこちを追求したスポーツタイツをつくり続けることで、人生を通してスポーツを親しむ方を応援し、少しでも長く多くの方にスポーツを楽しんでいただけるようにお手伝いをしたいと思っています。
そのためには、お客さまとコミュニケーションを取れるSNSやブランドサイトなどを通じて、コンディショニングの重要性を広めていくことも大切にしていきたいと考えています。
事業企画・久本
竹波 「CW-X」は、カラダだけでなく、ココロのコンディションもととのえる存在でありたいと思っています。「CW-X」を身につけて無理なくスポーツを楽しめることは、ココロのコンディショニングにもつながると思うんです。そんな「カラダとココロのトータルコンディショニング」を目指し続けていきます!
またスポーツのときだけでなく、日常のなかにも取り入れていただけるような、スポーツウェアとライフスタイルウェアの架け橋となるような商品もつくっていきたいので、楽しみに待っていてくださいね!
開発担当・竹波
― ありがとうございました!