1. TOP
  2. 特集一覧
  3. 25歳からのインナー選び

25歳からのインナー選び

あなたは大丈夫?

「エイジングを気にするのはもっと先のこと…」なんて考えていたら、大違い。お肌同様、下着でのケアも先手必勝。

女性のエイジング “3つの曲がり角”

女性のエイジングには、16~46歳までに
3度の曲がり角=スパイラルポイントがあります。
この3度のスパイラルポイントを契機として体型が大きく変化します。ワコールではこれを「スパイラルエイジング」として2000年に研究発表しています。

  • 30代のスパイラルポイント 37歳~39歳
  • 20代のスパイラルポイント 24歳~26歳 大人の女性としてカラダが完成 サイズの変化の転換期を迎える
  • 10代のスパイラルポイント 16歳~18歳

下着でできるエイジングケアは“25”歳前後が始め時

3つの曲がり角のうち、大人の女性としての体が完成するのが24歳~26歳で迎えるスパイラルポイントです。
大人っぽいほっそりしたプロポーションへとスイッチし、カラダの全体のサイズが小さくなるため、自分のカラダに対する問題意識が低くなります。
ですが、このスパイラルポイントを境に、年代が同じでもそれぞれ個性豊かな体型変化をしていきます

バストのエイジングは、こう進む!

  1. STEP0 丸みがある理想的なバスト
  2. STEP1 デコルテのボリュームが落ちる(そげる)
  3. STEP2 下部がたわみ乳頭が下向きに
  4. STEP3 外に流れ、バスト自体が下がる

バストの年代別ステップの割合

20代は、step0:67%、step1:21%、step2:12%

なぜ、バストは変化するの?

まず、からだの内的要因の、加齢に伴うホルモンバランスの変化により、バスト全体がやわらかくなります。また、皮ふの弾力性や柔軟性が低下することで、バストを支える力が弱まり、かたちの変化が起こります。そのほか外的要因として、ランニングによる「揺れ」など、日常生活のさまざまな刺激によっても、変化しやすくなります。

おしりのエイジングは、こう進む!

  1. STEP0 横から見るときれいな半円形
  2. STEP1 ヒップ下部がたわむ
  3. STEP2 ウエスト周辺のメリハリがなくなり、ヒップの頂点が下がる
  4. STEP3 股関節付近がそげ、ヒップが内側に流れる

ヒップの年代別ステップの割合

20代は、step0:54%、step1:36%、step2:10%

なぜ、おしりは変化するの?

加齢や筋肉の衰えにより、おしり内部が“ゆるむ”といった内的要因が、おしりの変化を引き起こす大きな理由。また、外的要因として、日常生活の小走りなどの「揺れ」による刺激も、ゆるみを加速させる可能性があると考えられています。

COLUMN 妊娠・出産で変わるエイジングストーリー

妊娠・出産をすると、プロポーションは台無しになる、と信じていませんか?
カラダが激変するこの時期は、下着でできるエイジングケアをはじめる絶好の機会です。
赤ちゃんの事を第一に考えるのはもちろんですが、お母さん自身のカラダについても、きちんと意識してください。そうすれば、妊娠、出産期は、カラダにプラスの方向へ導く、またとないきっかけになるかもしれません。

妊娠・出産時に注意しておくべき3つのポイント

①バランスのよい食事を摂り、太りすぎない。
医師や栄養士と相談して適正な体重管理をしましょう。
②カラダを動かす。
マタニティ体操やウォーキングなど、軽い運動がおすすめです。
③カラダの変化に合った下着をつける。
産前から産後まで、ボディの変化をサポートする、マタニティ下着の着用をおすすめします。

ずっとキレイでいるために

体型変化は全ての人に同じように起きるものの、その変化が非常に小さい人がいることもわかってきました。その人たちの行動・意識を調べると、「運動」「食事」の習慣にはっきりした特徴があることが見えてきました。

  • 運動:カラダをよく動かすなど、稼働的な日常生活
  • 食事:暴飲暴食をせず、規則正しい食生活を心がけている

からだに合った下着で全身きれいになろう!

その、きれいに見せるポイントは、年代によって違うことがわかりました。

20代のきれいに見せるポイント
POINT1:自分にあった下着をつけることで、バストやウエストのメリハリを強調する
POINT2:おなかを突き出さない、シャンとした立ち姿勢を心がける

ワコールは「カラダのエイジング」を考えたものづくりをしています。今の自分のからだに合わせて下着を見直すこと。これが「下着でできるエイジングケア」の第一歩です。