CLOSE

ITEM SEARCH

みんなのガードル事情

  • ガードルを履いたことはありますか?
    「はい」と答えた人は、ボディラインが美しくなるから。冷え防止というご意見も。
  • 普段ガードルを履いてる?
    「いいえ」と答えた人は、きつい、苦しいからという方が多数。一方、履かないと落ち着かないという方や服に合わせて使い分ける方も。
  • ガードルは、どうやって履く?
    ガードルは種類によって、1枚ばきがOKのものもあります。

引用:ワコール「ブラパン」

「なりたいボディラインに近づけてくれるのはガードルです!
でも、ガードルの知識がない人が多いみたいね。
どんなものがいいか、自分にあったものを探してみて!

「なりたいボディラインに近づけてくれるのはガードルです!でも、ガードルの知識がない人が多いみたいね。どんなものがいいか、自分に合ったものを探してみて!
ほうほう、ほうほう。

ガードルの種類を学びましょう。

Choice!

素材のパワーで選ぶ

Choice of Bottom
  • ライト(ソフト)

    つけごこちがラクで圧迫感が少ない。無理なく支えおなかやヒップなどを安定させる。

  • マイルド(ミディアム)

    つけごこちはほどよく適度なサポート力がある。おなか押さえやヒップアップなど造形力がある。

  • メイク(ハード)

    つけごこちはしっかりめで強いサポート力がある。おなか押さえやヒップアップなどの造形力にすぐれている。

どれもいい感じですね。

Choice!

整える部位で選ぶ Choice of Bottom

Choice of Bottom

ヒップのこと、あなたは気にしてる〜?!
ヒップは、自分では見えていないけど、意外と見られているのよ!

後ろ姿なんて、
もう何年も気にしてないよ。

Choice!

生地の厚さで勝負 Choice of Bottom

Choice of Bottom
Choice!

ウエスト丈で選ぶ Choice of Bottom

Choice of Bottom
  • ローウエスト

    ウエストよりも低い位置から包みこむ、股下がやや浅いタイプ。

  • ジャストウエスト

    ちょうどウエストの位置にくる、もっともポピュラーなタイプ。

  • ハイウエスト

    ウエストよりも高いところから包みこむ、ウエストシェイプを目的としたタイプ。

Choice!

ウエスト丈で選ぶ Choice of Bottom

Choice of Bottom
  • ショート

    裾丈の短いショーツスタイル。
    動きやすく快適。ショート丈のスカートになどに最適。
  • スタンダード
    セミロング

    股下丈が4~10cm/12~14cm。
    二の尻が肉段になりやすい方など。
    ※「二の尻」は㈱ワコールの登録商標です。
  • ロング

    股下丈が17~19cm。
    ももをすっきりさせたい方など。
  • フルロング

    股下丈が20~24cm。
    ももをすっきりさせたい、スリムなパンツが着用したい方など。

股下丈は、目安です。
はく人の身長や体型によって変わってきます!